ガーデニングと家庭菜園の違いについて考えてみた

ガーデニングについて

ガーデニングは園芸などの意味があり、花や植物を育てて手入れして、花壇などを美しく見せます。
そして手入れした植物やその咲いた花を見て楽しむのがメインとなり、つまりは鑑賞目的に植物を育てます。

ガーデニングは、ベランダでプランターなどを使用して育てる他に、庭や畑を使って行なう人もおり、その規模は様々です。
ガーデニングというと、育てる植物は一般的に花や草木であり、四季折々で花を咲かせて楽しんだり、壁などに植物を植えるよな場合もあります。

鑑賞しても楽しめますが、ガーデニングでも、日々手入れして育てるという楽しみもあります。
そうして育てて愛でて鑑賞することにより、ストレス解消や癒し効果も得られます。
四季折々の植物や花を育てますので、季節を実感することも出来ます。

そして一般的にガーデニングというと、小規模な植物を育てていきますので、初心者でも始めやすいという特徴があります。
特に、ハーブやサボテン、観葉植物などであると、手間もかからなく、水やりもそれほど必要ないので、初心者向けの植物と言えます。
小さい鉢植えさえ用意するれば、育てられるような植物もあり、気軽に手軽に植物を育てたい方におすすめです。

家庭菜園について

家庭菜園は、家庭で野菜や果物などの作物を育てることを言い、農業ほど本格的ではないですが、小規模で作物を育て、最終的に収穫することを目的とします。
ガーデニングが鑑賞することを目的としていますので、家庭菜園は大きく違います。
ただガーデニングと同じように、プランターなどで小規模に育てることも可能であり、家にある庭を使って育てるような方もいます。
また、さらに本格的に行ないたい方は、近くにある畑の一部を借りて行なうような方もいます。

家庭菜園の魅力はなんといっても、自分で育てた植物を収穫して食べることができます。
農薬を使わない無農薬で育てることもでき、安全性の高い作物が作れます。
農家のように大量生産して売ることが目的ではないので、鉢植え1つ程度の小さく始めることも可能です。

ただし、家庭菜園はガーデニングと違い、毎日手入れや水やり、雑草や虫を取る、などのことを行なわないとならず、手間がかかります。
種を植えるときから、畑に肥料を与えるなどして畑作りをしていかないとならず、水やりを忘れるだけでも、枯れてしまうこともあります。
本格的に植物を育てようと思うならばまだしも、手軽に始めたいという方にはおすすめできません。

作物の中でも手間のかからない種類もあり、家庭菜園用の植物としては、暑さや寒さに強いコマツナ、成長が早く虫があまり寄りつかないミズナ、病気に強く栽培しやすいホウレンソウなどの植物があります。